« みんなでやる | トップページ | オールジャパン »

2010年1月10日 (日)

エゴ

今日2発目の記事。
前の記事の一部に関連する内容です。

「ハイブリッドカーは人間のエゴ」と、よく聞きます。

確かに、燃費が良くて車自体からのCO2排出量削減に効果をもたらすはずのハイブリッドカー
されど、これはガソリンと電気の力で走っているんですよね、たしか。

電気は現在どうやって作るのか?ということに着目すると・・・
現行では、火力発電が最も多いそうです。

つまり、車自体からのCO2は確かに減るが、車を走らせている電気は、石油を燃やして発電している。
いわゆるガソリンや石油のような燃料を、車で燃やしているか、発電所で燃やしているかの違いで
発電を火力発電で行っているうちは、本当のエコではない、っていう内容を読んだことがあります。

CO2を削減にはエネルギー革命が必要だとも、何かで見た記憶があります。

太陽光発電に期待が集まっているという番組を見たことがあって
地域にもよるのだけれど、日本の場合(世界だったかも)太陽電池を陸地の2%の広さ敷き詰めれば
今の生活レベルで使われている電力は維持できるそうです。

さて、2%って・・・広いのか、狭いのか?

1/50でしょ、つまり・・・47都道府県というくらいだから、およそ平均的な広さの県1個分ですね。

うーん、結構広いですよね。

ただし、こんな話を聞いたことがあります。

海面を利用する。確かに海面なら利用できるところがたくさんありそうな気がします。
しかし、太陽電池の材料はどうするか?それを作るのに莫大なエネルギーが必要では?
など問題もたくさんあるみたいです。

もはや、電気がないと人間は生活できない感じですね。
バスケットだって、体育館では電気使ってるしね。
いずれにしても、本気になって考えていかないといけない
「環境」および「エネルギー」の問題です。

ということで、以前やった「経済編」に続き、今回は「環境編」!
皆様。また、今回もいろいろ教えてください。

|

« みんなでやる | トップページ | オールジャパン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事