« T小ミニバス「秋へ」 | トップページ | パスの距離~図解入り~ »

2010年2月20日 (土)

T小ミニバス物語~秋から卒業まで~

TA小に敗れはしたものの、すでに県大会出場は決まっていました。
県大会の組み合わせがでて、僕らT小は準決勝で、TA小と戦えることが分かっていました。
勝てば九州大会出場が決まるということで、目標も
「TA小に勝って、九州大会へ行こう」となっていました。

しかし・・・

県大会初日、K先生が来られなくなったのです。
理由は、ご結婚を控えていた先生の結納と重なったからでした。

しかし、初日の2試合を勝って、翌週の準々決勝以降に進むために戦いました。
そこまでは自分たちの力で勝てると信じていました。

けれど

県大会1回戦、夏の大会で大勝していたH小との対戦は・・・終始苦戦

H小は夏の雪辱のために「打倒T小」という感じでやっていたそうです。
これは、後に・・・
このときH小の主力だったI川と、高校でチームメイトになって分かったことです。
対策をしっかりたててきたH小のバスケに、T小(とくに僕)はミスを連発し
K先生がいないことの不安も重なって、負のスパイラルから抜け出せないまま・・・

まさかの・・・県大会初戦敗退でした。

3度目のTA小との対戦は実現できず、T小ミニバスは最後の県大会を終えてしまいました。

その後、K先生の結婚式があり、僕は生徒代表で挨拶をすることに。
その結婚式の記事は当時の地元の新聞に載ったことを、今も覚えています。

さて、ミニバスはもう終わったと思っていた3学期
学校のK先生のところに1本の電話が・・・

「99年、熊本で行われる国体の主力になる今の6年生の年代から、
 強化するための大会を今年から行う」

という内容だったと聞いています。

それが、現在も行われている「火の国旗」という県大会です。

終わったと思っていたのですが・・・少しだけミニバス時代の続きがあったのです。
さて、その時の話はや結果は、少しだけ・・・たまに書き込みさせていただいている
「親父の独り言」のほうに書いていますので・・・って本当にほんの少しだね(笑)

小学校を卒業すると、K先生も同時に移動された。

実はK先生がバスケットや部活動を指導されてのは、僕らが在籍した2年間だけだそうです。

僕らはK先生が指導された、最初で最後のミニバスケットボール部となりました。

大人になって、今から6年くらい前かな、たまたま母校T小の、
その時の顧問のT先生と、見学に行った小学校でお会いしたことがあり、挨拶をしました。

「実は僕もT小のOBなんです。」と話すと・・・

「じゃあ、K先生の時の代ですか?1年だけ、賞状やトロフィーをたくさん持ってきた代があるんです。」

K先生は、もはや知らない人のほうが多いのだけれど・・・
ふっと話題の中に出てこられると、教えていただいた僕らも嬉しくなってしまいます。

さて・・・これでひとまず、「T小ミニバス物語」終わりにしようかな?
どうしよう?(笑)

だいぶん大雑把に3話にしましたが、読んでいただいて、ありがとうございました(o^-')b

|

« T小ミニバス「秋へ」 | トップページ | パスの距離~図解入り~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事