« 下がることで見えるもの | トップページ | 相手の立場に立って物事を考える »

2010年3月12日 (金)

情報が多すぎる

一昨日かな?記事に「いっぺんに情報を与えすぎない」という内容を少し書いたかと思います。
それに関わるような、関係ないようなことなんですけどσ(^_^;)

私的な感覚で思うこと・・・

近年は「情報が多すぎる」ということです。
インターネットの普及により、世の中には多くの情報であふれています。

このことは・・・確かに便利になった、すごく便利になりました。

しかし・・・光があれば影ができるかのごとく

便利になった影に、不都合な部分をつくっている可能性があるかもしれません。

環境のことがそうで、産業革命以来・・・約200年くらいの間かな?
それまでとは格段にいろいろなものが進歩して便利になりました。
その反面、化石燃料を使い・・・二酸化炭素、温暖化・・・
地球のいたるところで不都合が起こっています。

さて、情報も多すぎて・・・どの情報を信頼すればいいのか?
この区別はとっても難しいです。

最近は、HDDなどに音楽が4000曲とか録音できる時代です。
けれど・・・4000曲も持ち歩く必要があるのかな?と思うわけです。
あまりに曲数が多すぎると、自分にとって「大切な曲は?」「いい歌は?」
なんだか、そこら辺の感覚がマヒしそうです。

ちなみに、僕がたまあに書いているバスケネタも、私的感覚
絶対に正解というものではないんですよね。

・・・すいません、情報の多様化についての話に戻ります。
その情報が正しいのかどうなのか?その区別をするために・・・
これも僕が思う感覚的なことですけどね、
中学、高校ぐらいまでの学校で学んだことが生きているように思えます。

年間のほとんどをジャージで過ごしている僕が言うのは柄でもないのでしょうけど(笑)
やっぱり・・・学校の勉強って大切だなあと思います。

|

« 下がることで見えるもの | トップページ | 相手の立場に立って物事を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下がることで見えるもの | トップページ | 相手の立場に立って物事を考える »