« 1回1メッセージ | トップページ | 下がることで見えるもの »

2010年3月10日 (水)

歩幅


昨日の続きです。
説明をする際などにも、いっぺんにたくさんの情報をあげるのではなく
要するに小出しにする感じなんですが

もうひとつ、「筋道立てて説明する」を心がけています。
※心がけているということで、できているというわけではありません。
 できていないことが多々ありです。

さて筋道をたてると・・・その説明には、いわゆる歩幅みたいなものが出てくるのですが
この歩幅が小さすぎると、実際に動く時間が短くて動きが定着しない
この歩幅が大きすぎると、これは何事にも言えることですが「論理の飛躍」が発生します。
そんな感覚を個人的に持っています。

さて、練習の際・・・はじめてやる練習の際には
最初はゲームフリーズ(全体をとめて説明することを、そう呼んでいます)が多いと思います。
つまり最初は歩幅が小さい感じです。
しかし、少しずつ、ゲームフリーズが少なくなるように心がけています。

小さな歩幅から、大きな歩幅へ
助走をつけて加速していくイメージですね。

という具合に書いてみたけど・・・記事前半部分で書いたとおり
できていないこともあり、論ずるより実行することは難しいですね。

|

« 1回1メッセージ | トップページ | 下がることで見えるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事