« 日本人の特性を生かす | トップページ | ラストスパート »

2010年6月 1日 (火)

「気づく」

昨夜はサッカーの代表戦、その前の夜中は桑田氏の解説による早慶戦を見ていました。
早慶戦は、夜中の12時過ぎに見ていたから・・・試合自体は録画だったのかな

まあ、珍しくTVを見ていたわけですが

早慶戦、桑田氏の解説は面白かったです。
実は、最近、平田竹男教授との共作ということになるのかな?
「野球を学問する」という本を少しずつ読んでいて
これ、すごく為になります。

野球、サッカーについても書かれていて、普及について出てくる(本の序盤に出てきます)
逆台形モデル、これは、「なるほど!」と気づかせていただきました。

さて、早慶戦の実況解説の話しに戻ると
いろいろな解説が出てくるんですが、例えば9回追い上げる場面では
「野球は分かりませんね」など・・・野球という言葉を、他のスポーツに置き換えても繋がるな
または野球という言葉を、「人生」という言葉に変えても通じていくものがあるな、
と思い聞いていました。

その中で特に印象に残ったことは、
斎藤投手についてのことで、いいところと課題を挙げられていました。
そして・・・その課題について桑田氏が言われたことは・・・こんな感じのことを言われました。
僕の記憶なので、ちょっと大雑把ですが、内容としては
「課題を克服するために何が必要か?自分自身で「気づいて」ほしいですね。」
こんな感じでした。

具体的にストレートや球種のことの課題を明確に挙げられた上で
その課題を克服する方法を、自分で考えてください、気づいてください
とアドバイスされているんです。

確かに・・・丁寧に教えることはとても重要なんですが
教えすぎは、自分で考えるということを奪うかもしれませんね。

この辺のバランスは難しいです。

果たして僕は・・・この先、どれくらい気づけるだろうか??(笑)
とにかく、とっても刺激になり、いい勉強になりました。

|

« 日本人の特性を生かす | トップページ | ラストスパート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本人の特性を生かす | トップページ | ラストスパート »