« スポーツマンシップ | トップページ | John Woodenコーチ »

2010年6月 5日 (土)

よい伝統を継承していくこと

今日から練習が再開されました。
3年生にとっては最後の夏の大会まであとわずか。

また今日は、新1年生も本入部して初めての練習となりました。

しかし

いろいろなこと、おりあいがつかず、今日は学校の体育館が使えなくて
近隣の中学校に合同練習という形で入れていただくことができました。

体育館はとても、きれいで広い・・・大きな大会も行われる学校の体育館が
今日はバスケットコート2面使えるという好条件でした。

さて、新1年生にとっては初めての練習が、他の学校の体育館とうことで
ずいぶん移動の仕方やその他いろいろなことで戸惑ったと思います。

しかし、3年生と2年生が伝えるべきことは伝え、面倒見良くしてくれていたと思います。

実際に移動が始まると子供たちは自転車、僕は車で荷物を持って行くことになり
完全につきっきりにはなれないんですね。
体育館に入るタイミングも今日は一緒には入れず、
鍵を開けていただくお願いや、その学校の先生などにお礼のあいさつに行っていたりで・・・
少しだけ、子供たちとは遅れて体育館に入りました。

しかし、これは想像だけど・・・面倒見良くいろんなことを優しく教えてくれていたことが
体育館に入って、そう時間がたたないうちに良く分かりました。
$Coach「Chikahiro Nagata」Basketball・Life-2010060508270000.jpg

私は何も指示をしていないのですが、
下級生も含め全員がきちんと自分の持ち物を整理整頓していました。
確かに、バスケットをやっていくうえで大切なこととして話をしていた時期もありますが
最近は、ほとんど口にすることがないように思います。

「根付いているな・・・」と思って。
これは、勝ち負けよりも個人的には嬉しいことです。

何をもってして「良い」「良くない」の基準は難しいのだけど
良い伝統は継承していってほしい、と思っています。
このことが先輩から後輩へ、子供から子供へ継承されていくならば・・・
とてもいいことだと思います。


まだまだ新1年生は、当然ながら動きも分からない、
声もまったくといっていいほど出ていませんが
良い先輩の背中を追い求めてほしいと思います。

|

« スポーツマンシップ | トップページ | John Woodenコーチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツマンシップ | トップページ | John Woodenコーチ »